FC2ブログ
そろそろ来てますね!
- 2009/02/16(Mon) -
ぽかぽか陽気の二日前、

単車に乗って通勤しました。

暖かい日や帰りの用事があるときは単車で通勤してます。

暖かくて風が気持ちいいなー、と単車を走らせていると、

ムズムズ・・・、くしゅんっ、あれ、鼻水が・・・・・

とうとうやって来ました花粉の時期、

今年に花粉の量は昨年の2倍から3倍と言ってるくらいで

これから暫くの間憂鬱な時期になってきます。

日本は四季があってどの季節もすごく好きですが、

この時期だけは本当につらい。

もっと冬は冬らしくガツンと寒くてもいいのに。

桜が咲くまでの我慢です。

花粉が付くので短くしてください!と言われるお客様も何人かいますので

これって花粉症が店の活性化につながってる事のなるので

なんとも言えない気分です。

皆様も髪に付く花粉が気になりましたらReMixにお越し下さい。

花粉症の憂鬱を吹き飛ばす春スタイルをご提案いたします。

                                    記事担当 NAM
スポンサーサイト



この記事のURL | 環境 | CM(0) | ▲ top
ECOかEGOか。
- 2008/10/30(Thu) -
「地球にやさしい」
「地球環境のため○○をお願いします」

と言われて断る人は中々いないと思います。

むしろそれに反したことを言うとへそ曲がり的な扱いさえある感じがしますが、

では、今までやっていた環境に良いとされることが

実はあまり環境には良くないとしたら?


例えばペットボトルのリサイクルですがペットボトルをリサイクルするのには
作るよりも1.5倍の石油を必要とします。
つまりペットボトルはリサイクルすればするほど
化石資源である石油(素は動物の死骸)を消費してしまうのです。
勿論出る二酸化炭素も1.5倍!
更に言うならペットボトルをリサイクルしてもペットボトルは出来ません、
全く違うものになってしまうのです。
そういう技術があったらペットボトルから石油が作れます。
ペットボトルのリサイクル業者はリサイクルなんかしてません。
リサイクルすればするほどコストがかかるんですから。
では何をしてるのかと言うと焼却してるだけです。(7%くらいリサイクルしてますが)
そして自治体やペットボトルを作ってる所からリサイクル料をもらって経営してるのです。
私達が飲んでるドリンクの値段にはリサイクルもしてないのに
リサイクル料が加算されているのです。
そして自治体もこのことはスルー、リサイクル業者に分別回収したペットボトルを
渡しているだけ。今更焼却した方が環境には良いといえないし、リサイクル業者との
利害関係も有るので現在の状況が続いてるわけです。
こうなるともはやECOではなくEGOです!


紙でもそうですね、新紙のほうが再生紙よりコストが安いのです。
だから新紙を再生紙と偽装してまで売っているのです。
いかにも再生紙の方が環境を考えてるっぽく見えますよね。
じつは再生紙の方が運送費(回収のため)がかかり効率が悪いのです。


先日、ショッピングモールのある店で商品を買おうとしたら店員に
「うちのショップは環境を考えて袋が無いんですよ、お客様には300円でエコバッグを買ってもらってるんですよ」と、言われたので

「エコバッグはどの様に環境にいいのですか?」
と聞いたら明確な答えが返ってこなかった。

ちなみにエゴバックを作る石油は高級石油で色んなものに利用価値があるが
スーパーのビニール袋などは低級石油(高級石油を分離したもの)を使い
そっちの方がよっぽど環境に優しいと思うのですが。

そうなってくるとこの300円のエコバッグはエコの為というより
300円の商品を全ての人に売るためとなる。
お客様は「環境のため」といわれると断りにくいので買う。
次の買い物でもまたエコバックを買う。
こうなるとエゴバックです。

本当に環境にいいのは長く使い続けることだと思います。

だからと言って「車に乗らなきゃ良い」「飛行機も乗るな」などと極端な事を言い出す

環境オタクにはなるつもりもありません。

我がReMixではどの様な事で社会、環境に貢献出来るか

もう一度、真実のECOを考えなければいけない時代になってきた感じがします。
                                            記事担当 NAM
この記事のURL | 環境 | CM(0) | ▲ top
| メイン |